様々な医療脱毛

脱毛サロンに通う女性
医療用の脱毛というのは種類がたくさんあります。

種類によって成果や手順というのは異なる点ますが、どのような種類があるのか書いていきましょう。

1 アレキサンドライトレーザー 
皮膚を冷却しながら行うレーザー機器です。

 レーザーは普通に照射すると熱を帯びますから、火傷などの症状が出るような事があります。

ですが、冷却する事によって火傷の症状を低減できますので、やけどを引き起こしにくくなります。

2 ロングパルスヤグレーザー 色素に吸収されるレーザーのタイプでは最も波長が長い間、深達度が高いものですからかなり高い威力を発揮してくれるのは間違いないのです。

かなり強度があるので、毛が太かったりする方にとってはよく合うレーザー機器です。

3 ダイオードレーザー 痛さが少なく、照射範囲の広いレーザーです。

施術時を短縮できますが、威力は弱いため、回数を重ねないといけないのが難点といえますが、かなりやりやすいレーザー治療の一つです。

4 G-MAX このテクニックは日焼けをしている人でも行えるように製作されたものです。

レーザーは普通に色素に反応するため、肌が黒い人は旧来は使えなかったレーザー脱毛がこれによってできるとなっています。

5 ライト共有・デュエット こちらは他のレーザーに比べるとかなり苦しみが少ない手段でありながらも、皮膚を引っ張って毛のメラニン色素のみに反応させるという手法を取っています。

その上スペースも広いので照射時も少ないです。

wt_admin201711

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です